こちらのホームページは、神奈川の横浜及び横浜近郊でご自分の愛車を「中古車として売りたい」「廃車買取の会社に依頼したい」と考えている方々向けに作成、公開している情報サイトです。

こちらのホームページは、神奈川の横浜及び横浜近郊でご自分の愛車を「中古車として売りたい」、「廃車買取の会社に依頼したい」と考えている方々向けに作成、公開している情報サイトです。

最新情報

2018.10.19
神奈川の車買取OK、車の永久抹消登録についてご紹介します。
2018.10.18
神奈川の車買取OK、愛車の買取査定を有利に進めるに、事前に確認しましょう。
2018.10.17
神奈川の車買取OK、愛車を廃車にする手続きや依頼先について
2018.10.16
神奈川の車買取OKは、大手の中古車買取会社、カープライスをご紹介します。
2018.10.15
リクルートが運営する、カーセンサーの愛車の買取査定について
2018.10.14
愛車の買取査定で、必要な書類について
2018.10.13
自動車が活発に売買される時期や自動車の税金、自動車のローンについて
2018.10.12
愛車の一括査定、カービューについて
2018.10.11
一括査定ではない、中古車の買取査定、ユーカーパックについて
2018.08.30
神奈川の車買取OKは常時SSL化対応、レスポンシブWebデザインに対応しました。
2018.01.29
全国で営業展開している大手中古車の買取会社の情報を更新致しました。
2018.01.12
デザイン一新、サイトをリニューアルして公開しました。
2016.09.06
神奈川の車買取OKサイトは、中古車の一括見積もりサイト、ズバット車買取比較サイトを公開しました。
2016.08.26
神奈川の車買取OKサイトは、お車の廃車買取実績が全国で10万台以上の廃車買取り専門サイト、廃車ドットコムを公開しました。
2014.02.10
サイトの運営会社、セカンドエイトは会社を移転しました。
2013.04.26
【神奈川の車買取OK】がTwitterを始めました。
2013.03.18
一部セカンドページをリニューアルして公開しました。
2013.01.22
参加企業の募集ページを制作
2013.01.01
あけましておめでとうございます。
2012.12.17
廃車関連(業者・会社)のリンク集を追加。
2012.12.10
【神奈川の廃車OK】への参加企業募集ページを制作中。
2012.12.03
TOPページに神奈川・横浜の地名由来や基本情報、名物あれこれを追加。
2012.11.15
【神奈川の廃車OK】は、ホームページをリニューアル公開。
2012.11.01
【神奈川の車買取OK】は、神奈川の運輸局を掲載、サイトリニューアルを行いました。
2012.08.09
神奈川の車買取OKは、ホームページを公開しました。

廃車ドットコムの買取査定

お車の廃車買取実績、全国で10万台以上の廃車買取り専門サイト。
廃車の手続き方法や引き取りサービスなどについて、 廃車のことなら廃車トッドコム に査定を依頼して車の買取金額を確認してみましょう。

車の査定・買取や廃車手続きは『神奈川の車買取OK』にお任せ!!車の査定・買取や廃車手続きは『神奈川の車買取OK』にお任せ!!

『神奈川の車買取OK』では神奈川や横浜及び横浜近郊で車の査定・買取や
廃車の手続きフロー・廃車の買取Q&A・廃車に必要な書類・神奈川の運輸局など
車の買取に関する全てのことを、紹介しているサイトです。廃車は買取というより、
お金を払って引取ってもらうというイメージを持っている方もいるとは
思いますが、今は廃車を買取ってもらえる時代です。
神奈川、横浜で廃車を買取る専門業者は神奈川県内でも
多くあります。店舗や会社ごとに査定・買取金額が違うのも
事実です。神奈川、横浜で車の査定・買取、廃車を依頼するときは、
複数の業者に見積査定をお願いすることをオススメします。

  • 廃車の買取査定フォーム
  • 廃車のQ&A
  • twitter
  • BLOG

車の廃車について

神奈川・横浜で自動車を廃車にするには、永久抹消登録か一時抹消登録の手続きをする必要があります。
自動車の所有者が永久抹消登録、または、一時抹消登録の手続きを行ない、ナンバープレートが外された時点で、車は廃車となります。
車を自動車の解体専門業者へ解体を依頼しただけでは廃車にはなりませんのご注意下さい。

車の廃車買取フローについて

電話やメールの前に、廃車予定の自動車車検証を用意してから、廃車の買取業者に電話で連絡、または、インターネットで廃車買取の見積もりを依頼します。
横浜及び横浜近郊、廃車の買取業者から見積もり金額が提示されます。廃車の引き取りや手続き料金に納得していただくと、具体的な廃車の引き取りが決まり、横浜及び横浜近郊の業者と引き取り日時の打合せを行います。

車の廃車手続きフローについて

普通自動車と軽自動車では、手続きする場所がかわり神奈川や横浜の場合、普通自動車であれば神奈川運輸支局になります。
軽自動車であれば軽自動車協会の神奈川主管事務所になります。
神奈川・横浜及び横浜近郊の専門業者に任せるのであれば問題ありませんが、自分で廃車の手続きを行なう場合は、間違わないようご注意が必要です。

車の廃車に必要な書類について

普通自動車や軽自動車の廃車の手続きを行う際には、いくつかの必要書類があります。
普通自動車の廃車手続きとして、永久抹消登録や一時抹消登録によって必要書類は異なります。
また、軽自動車の廃車手続きとして、永久抹消登録や一時抹消登録によって必要書類は異なりますので、廃車手続きの事前にどのような書類が必要なのかを確認しましょう。

車の廃車Q&A

車検証を紛失した場合は、廃車にできるのでしょうか?

『現在登録証明書』を、お近くの横浜にある陸運局で発行してもらいます。
その後の手続きは、通常通りの廃車の手続きとなりますので、廃車のことなら廃車トッドコム にお見積りを依頼してみましょう。

平日は時間が取れないため、休日でも廃車の買取、廃車の引き取り可能ですか?

神奈川の『車買取OK』は可能です。お客様とお打合せの上、廃車の買取、廃車の引き取り日時を決定します。

車の所有者と連絡が取れない場合や車の持ち主である所有者が亡くなってしまった場合でも、車を廃車にすることができますか?

お車を廃車にすることは可能です。所有者が亡くなった場合は、相続人であることを証明できる戸籍謄本、除籍謄本、相続人全員の実印及び印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)などが必要になります。
ケースによって必要な書類がありますので、廃車のことなら廃車トッドコム にお気軽にお問合せ下さい。

廃車にする車のタイヤがパンクしているのですが、廃車の引き取りや廃車の買取・手続きは可能でしょうか?

廃車を引き取りや廃車の買取に行く際に車輌をお伝えしていただければ、タイヤを持ってお伺いすることも可能な場合もあります。
神奈川・横浜の買取会社や店舗によって違いがあるので、事前に確認下さい。

詳しくは、車の廃車Q&Aのページでご覧ください。

神奈川の車買取OKの『想い』神奈川の車買取OKの『想い』

神奈川の車買取OKに掲載されている企業は、自動車の役目を終えたお客様の愛車を適正な価格で査定・買取、引き取りを行っています。そして、神奈川県内、横浜や川崎で買取ったお客様の愛車より使用可能な部品バンパーやフロントガラス・ドア・ライト・シートからエンジン、ミッションに至までリサイクルパーツ(中古部品)、つまり、自動車の中古部品として再利用させて頂いております。 また、リサイクルパーツ(中古部品)として再利用ができない部分は、鉄を中心にスクラップ分別され、再びさまざまな商品の原材料として使用されています。

このように、お客様の愛車から再利用できるリサイクルパーツや鉄スクラップ(マテリアル材)を利用することによって、自然の鉄鉱石から鉄資源へ、商品材料として加工される際に発生する二酸化炭素を削減できるため、自動車の廃車処理が環境対策の一環としての役割も担っています。
神奈川の車買取OKは、限りある地球の資源と環境問題への取り組として、車の査定・買取と廃車引き取りを事業して行っている業者を紹介しているので、神奈川、横浜で車買取や廃車に関することならご安心してお任せ下さい。

対応地域 神奈川・横浜・川崎・相模原・横須賀・小田原・大和・平塚・厚木・茅ヶ崎

そもそも車の廃車、使用済自動車、解体、破砕って何?

車の廃車は、横浜及び神奈川の廃車買取業者によって、使用済自動車の引き取りから、自動車部品の取り外し、解体、破砕から自動車の再資源化を行い、使用済自動車に係る産業廃棄物の減量と、リサイクル資源及びリサイクル部品(中古部品)の利用を通して、使用済自動車に係る廃棄物の適正な処理や資源の有効な利用で、地球環境、住民一人ひとり、生活環境の保全と日本経済の健全な発展のために推進されています。

ここで、廃車にされる使用済自動車とは、道路運送車両法に規定する自動車で自動車の使用を終了し、そして、自動車としての機能する部品や装置を横浜及び神奈川の廃車買取業者によって取り外された自動車となります。
使用済自動車はその後、解体自動車として解体することによってフロン類を回収し、フロントガラス、後部ガラス、ドア、ライト、バンパー、マフラー、タイヤ、オーディオなど自動車のリサイクル部品(自動車中古部品)として取り外し、洗浄と品質チェックを行い商品の状態・検査データを全国公開して有用なものを有効活用します。

横浜及び神奈川の解体業者によって、部品を取り外された自動車は、解体自動車として、金属その他の有用なものをリサイクル部品(中古部品)以外にさらに分離し、 車の破砕業者が車を圧縮して破砕前処理を行い最終的に破砕業者による解体自動車の破砕が行われ、このようにして廃車とされた車は、再資源の活用を目的に利用されています。

神奈川・横浜の地名由来や基本情報、名物あれこれ

神奈川・横浜の廃車買取サイト【神奈川の廃車OK】は、神奈川や横浜、名前の由来や歴史、神奈川県の基本情報も紹介しています。神奈川・横浜の以前からから知っていた内容、知っていたつもりが間違っていた情報など、この機会にご確認下さい。

神奈川の基本情報、人口

神奈川の人口は、平成24年現在、約908万となり、都道府県の中で第2位の人口(人口密度は東京、大阪に次ぐ第3位)。
平成24年現在は、神奈川県民のうち約41%が横浜市民、約16%が川崎市民、約8%が相模原市民になっており、神奈川県民の半数以上が横浜、川崎、相模原に集中していることになっています。

横浜と呼ばれる、地名の由来

横浜という名前は、武蔵国の久良岐郡に属する横浜村からはじまり、横浜の名は、海から見たときに「横に長い浜」であることに由来するとされ、横浜村は1859年に横浜町、1878年には横浜区へ。その後、1889年に市制が施行され、横浜市になりました。

横浜の基本情報、人口

横浜の人口は、平成24年現在、約370万人となっており、神奈川県内で横浜は、一番人口の多い市になっています。

神奈川・横浜の観光や名産物

神奈川・横浜には、観光スポットがたくさんあるのが魅力。
・観光や名産物
横浜中華街、ランドマークタワー、横浜みなとみらい、横浜・八景島シーパラダイスなど。名産物は、横浜中華街の中華菓子・中華まんじゅう、高座豚、伝統工芸品(ハマ焼・小田原漆器・鎌倉彫)。

車の価値、査定をしてみましょう!

ここから以下は全国ネットワークで営業展開している、車の買取や廃車の引取り、自動車の廃車手続きができる会社です。
ご自分の愛車を「中古車として売りたい方」「廃車にしたい方」専門業者へメールで査定を依頼して、愛車の現在価値や廃車料金を確認して最適な選択をしましょう。

中古車の買取査定をご希望の方はこちらで。

カービューの中古車無料一括査定

カービューの一括査定は、簡単45秒程度の入力で最大8社よりお見積りを頂き、比較することができる、中古車の一括査定見積りシステムです。
いくつかの中古車買取り会社に査定してもらわないと、相場が分からないと考える人や、あまり時間をかけずに、信頼できる中古車の査定会社にお願いしたいと考える方、以下のカービューの魅力をご覧ください。
【カービューの魅力】
(1)カービューのご利用者数は、400万人を突破しています。
(2)200社を超える提携企業から、2営業日以内に電話又はメールで連絡がきます。
(3)最大8社の中古車買取り会社へ、一度に見積り査定を依頼をするこが可能です。
以上がカービューの一括査定の特長になっています。

  【あなたの愛車は今いくら?】車検vs乗換え、修理vs乗換え、迷ったときは、愛車の現在価値をチェック!費用を比較してお得なカーライフ。 一括査定のカービューは、それを可能にします。

廃車の買取査定をご希望の方はこちらで。

全国展開の廃車ドットコムの車買取

廃車の買取りサービス【廃車ドットコム】の新規査定お見積りサービスで、愛車の廃車買取り価格を、地元の業者と全国で展開している会社へ査定を依頼して、金額の確認することをお勧めいたします。
お車の廃車買取実績、全国で10万台以上の廃車買取り専門サイト。この機会に廃車ドットコムに査定を依頼して車の買取金額を確認してみましょう。
廃車が売れちゃった。 お気軽にご利用下さい。

神奈川の車買取OKサイト
神奈川県の中古車買取、廃車の買取を行っている地域をご紹介

神奈川県の地域別市町村一覧

横浜地域  横浜市
川崎地域  川崎市
横須賀の三浦地域  横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町
神奈川の県中央地域  相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村
神奈川の湘南地域  平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町
神奈川の県西地域  小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町